スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

『ジャンクフード税』を台湾が導入!?(その2)

では昨日のお話、「台湾が実施を目指しているジャンクフード税」についての続きです。

このジャンクフード税が台湾に導入されれば世界初とのことなのですが、
課税が検討されている“不健康とみなされる不名誉な飲食物”は、
砂糖が多く含まれた飲み物、キャンディー、ケーキ、ファストフード、アルコールなどだそうです。

う~ん、これはマクドナルドやケンタッキーといった超有名どころの大手ファストフード企業の反発は必至でしょうね...。

現在台湾では、このジャンクフード税法案の草案を作成中で、
来年にも議会に提出され、2011年頃に実施される予定だそうです。
本気っぽいですね。

はてさて、実施とあいなった場合、世界各国はどういった反応を示すでしょう?
今後の成り行きに注目してみたいお話でした。


スポンサーサイト
世界のこと

『ジャンクフード税』を台湾が導入!?(その1)

台湾がジャンクフード税なるものの導入を検討しているそうですよ。
目的は、国民の食生活の改善と肥満率の低下を目指すことだそう。

今台湾では、子どもの25~30%が肥満だそうで、この肥満問題が深刻になりつつあるらしいです。

何が一体そんなに深刻かというと、
将来的に肥満に伴う疾病が増加し、国の保険制度に多大な負担がかかることが懸念されるからなんですね。

で、考え付いたのが肥満の元となるジャンクフードに特別税を加算して、
その税収を、健康増進啓発活動を行う団体への助成や、
資金不足に陥っている国民健康保険制度の支援に回そうということ。
今日本で騒がれている、たばこ税の増税と似たようなお話ですね。

この続きはまた明日(^o^)/



世界のこと

上海が沈むなら・・・

地表温度があと2度上昇すれば、上海は水没―英紙記者
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070320-00000002-rcdc-cn&kz=cn

気になったのでちょっと調べてみました。
上海の海抜は平均3m~4mだそうです。
そんな上海が沈むような事態になれば、当然日本だって…。
で、参考までに首都東京を調べてみると、なんと広大な海抜0m地帯が!!

ということで上海が沈むとき、首都東京も沈みます。
ということは、日本が沈むということと同じことですよね...。

今のままだと2050年には気温2度上昇だそうです。
そして、その時には沈没...。

その頃、私はもうこの世にいないかもしれないし、
まだなんとか生きてるかもしれません。
だからといって無責任に、子供達や、これから生まれてくる子供達に
過酷な世界を残したくはないなあって思います。
みんな同じ思いのはずなのにね。

地表温度があと2度上昇すれば、上海は水没―英紙記者

「地球表面温度があと2度上昇すれば、上海は水没する!」こんな衝撃的発言をしたのは、イギリス「ガーディアン」紙の記者、ポール・ブラウン氏。2007年3月17日に開かれた広州市科学技術協会と英国領事館が共同で開催したシンポジウムで発言した。同氏は16年間一貫して地球の温度変化に着目してきた環境専門記者。今回の訪中には、国際的な権威機関の最新研究結果を携えてきた。
「今後も温室効果ガスの抑制ができなければ、地表温度は2050年に2度、世紀末には5度上昇するだろう。2度の上昇は氷河の融解と海水の体積膨張を促し、海面が急上昇する恐れがある。上海のような海抜の低い沿海都市は水没の危機に瀕するだろう。広州の平均気温があと3度上昇したら、真夏はエアコンなしでは到底耐えられない暑さになる。」と話した。



世界のこと トラックバック : 0

歯ブラシですよぉ~!?

香港の女性、15センチの歯ブラシを飲み込むも危機一髪
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070314-00000089-reu-ent

15cmもあるんですよぉ...
歯ブラシを喉に詰まらせるなんて!!
ビックリするようなことがあるもんですねぇ!

記事によると、「滑った拍子に」喉に詰まらせたらしいんですけど、
それって滑って転んだってことですよね、きっと…。
まさか普通に歯を磨いていて、手が滑って…ってことではないですよね?
それなら更に輪をかけてビックリなんですけど。

でも、そんな状態でよく会話が出来ましたよね。
手術して取り出さなければならないような状態でも、声って出るもんなんですねぇ。
なんかただただ驚くばかりです。

とにかくこの女性、回復傾向にあるとのことで良かったですね。

[香港 14日 ロイター] 香港で歯ブラシを飲み込んだ女性が自ら救急車を呼んで一命を取り留めるという事故が起きた。7日付のサウスチャイナ・モーニング・ポスト紙が報じた。同紙によると、この女性(42)は6日朝、滑った拍子に長さ15センチほどの歯ブラシをのどに詰まらせてしまった。  その後、女性は歯ブラシをのどに詰まらせたまま、窒息することもなく自ら救急車を呼んだという。  この女性は、掛け付けた救急隊員によって病院に搬送され、飲み込んだ歯ブラシは内視鏡手術により摘出された。  記事は、病院の広報のコメントして「女性は回復傾向にあり、容態も落ち着いている」と伝えている。



世界のこと トラックバック : 0

太りすぎは体に悪影響だけど

若年層の肥満治療、ダイエットよりも手術に=米調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070306-00000901-reu-int

ダイエットよりも手術に頼るって方法、私的にはあまりお奨めは出来ないなぁ。
10代の頃って、そもそも太りやすい時期だし、
それと同時に成長期でもあるわけだしね。

周りの視線が気になるお年頃だからね、
すぐにでも魅力的なスタイルになりたいという気持ちはわかるんだけど、
でも、安易に手術に頼ってしまうと、その後にどんな後遺症がでるかもわからないし...。
脂肪吸引手術って、危険な面も持ち合わせていることもよく知っておかないとね。

まずは太りすぎないような食生活を送ることが基本。
その中で運動やカロリー制限を取り入れてコントロールしていかないとね。
食べるだけ食べて、あとは手術っていうのはやっぱりおかしな考え方だと思うな。

世界のこと トラックバック : 0
ホーム  次のページ »

プロフィール

ダイエット歴懲りずに○年?
懲りないチャレンジャーnarが
綴る 日々のニュースに思うこと
ダイエットしなきゃ…

nar

Author:nar

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。