スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

上海が沈むなら・・・

地表温度があと2度上昇すれば、上海は水没―英紙記者
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070320-00000002-rcdc-cn&kz=cn

気になったのでちょっと調べてみました。
上海の海抜は平均3m~4mだそうです。
そんな上海が沈むような事態になれば、当然日本だって…。
で、参考までに首都東京を調べてみると、なんと広大な海抜0m地帯が!!

ということで上海が沈むとき、首都東京も沈みます。
ということは、日本が沈むということと同じことですよね...。

今のままだと2050年には気温2度上昇だそうです。
そして、その時には沈没...。

その頃、私はもうこの世にいないかもしれないし、
まだなんとか生きてるかもしれません。
だからといって無責任に、子供達や、これから生まれてくる子供達に
過酷な世界を残したくはないなあって思います。
みんな同じ思いのはずなのにね。

地表温度があと2度上昇すれば、上海は水没―英紙記者

「地球表面温度があと2度上昇すれば、上海は水没する!」こんな衝撃的発言をしたのは、イギリス「ガーディアン」紙の記者、ポール・ブラウン氏。2007年3月17日に開かれた広州市科学技術協会と英国領事館が共同で開催したシンポジウムで発言した。同氏は16年間一貫して地球の温度変化に着目してきた環境専門記者。今回の訪中には、国際的な権威機関の最新研究結果を携えてきた。
「今後も温室効果ガスの抑制ができなければ、地表温度は2050年に2度、世紀末には5度上昇するだろう。2度の上昇は氷河の融解と海水の体積膨張を促し、海面が急上昇する恐れがある。上海のような海抜の低い沿海都市は水没の危機に瀕するだろう。広州の平均気温があと3度上昇したら、真夏はエアコンなしでは到底耐えられない暑さになる。」と話した。



関連記事
世界のこと トラックバック : 0
« next ホーム  prev »

プロフィール

ダイエット歴懲りずに○年?
懲りないチャレンジャーnarが
綴る 日々のニュースに思うこと
ダイエットしなきゃ…

nar

Author:nar

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。